投稿の詳細: ビタミンとの関係の整理

2007/05/25

永続的リンク 23:57:27, カテゴリ: OKな食べ物

ビタミンとの関係の整理

さてビタミンです。

こんな記述があります。
『アトピー性皮膚炎とビチオン』思春期学,別冊vol10,No3

>>
ビタミンHを投与すると、アトピーが改善するという事実から
アトピーの人にとって、ビタミンHが必要であることがわかる。
理由についてはビタミンHは主として腸内細菌によって作られる。
腸から吸収されて体内を循環した後、尿中に排泄されるので、
これらの過程のいずれかの障害でビタミンHの欠乏が生じると、
思われる。アトピーの患者ではビタミンHを分解してしまう有
害菌が腸管内で優勢なためと推測される。
>>

ビタミンHで善玉菌を増やすものとして、
ヨーグルトとオリゴ糖がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~

オリゴ糖は

はてなより、
>>
オリゴ糖は、それぞれに特徴があるが、ほぼ共通的に次のような
生理調節と食品の品質改善の両面の働きを持っている。

・腸内有用菌の活性化(消化されずに大腸にまで達し、ビフィズス菌の栄養源になる)
・虫歯の原因になりにくい
・甘味の低減
・低カロリー
>>

オリゴ糖の中には、わたしたちの持つ消化酵素では消化されず、
大腸まで届いて腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになる。
オリゴ糖を食べるビフィズス菌は増えるので、

便秘解消に役立ってくれます。
~~~~~~~~~~



でそのオリゴ糖を大量に含むものが、

オリゴ糖の種類自然界には、色々な形のオリゴ糖があります。

・玉ねぎ、アスパラガス、ごぼう等に含まれる「フラクトオリゴ糖」。
・みそ、しょうゆ、清酒などに含まれている「イソマルトオリゴ糖」。
・最後に母乳や牛の初乳、大豆などに含まれている「ガラクトオリゴ糖」。

ビフィズス菌の大好物は「ガラクトオリゴ糖」
牛乳の中に含まれる乳糖から酵母の一種によって作られる「ガラクトオリゴ糖」は、
オリゴ糖としては唯一の動物性由来で、腸内ビフィズス菌がもっとも好む栄養です。

牛乳。
~~~




ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 355 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

最近のコメント
Archives

リンクブログ

お気に入り。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2017年11月
<< <     
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?