投稿の詳細:

2007/05/30

永続的リンク 11:59:15, カテゴリ: OKな食べ物

朝から腸の具合が悪く腹を下しています。

私の体調はさておき、腹を下すのは、なんらかの
ことで腸がバランスを崩し、通常吸収されるべき
水分を吸収しなかったときにおこるものですから
脱水症状に注意しましょう。

(自分に言い聞かせています。)

さて腸内環境について知識の確認をしておきます。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。
そしてこの絶対値が決まっています。
例えば腸内細菌の絶対数を100とすれば、
20:80、50:50、30:70と変わっていきます。

善玉菌と悪玉菌とのバランスがいかに善を
多くするかという事が大切なわけです。
いかにして腸内の善玉菌の比率を増やすかが
ポイントですね。

腸内には最近がいるのですが、これが善玉菌。

その腸内細菌は私の健康維持に大きな意味を持ち
ます。特に腸内細菌に大きな影響を与えています。


そして私達の健康の基本は、口から食べた物ですが、
吸収される土壌がいいか悪いかによって健康状態が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
左右されます。

腸内環境がアトピーに重要な意味をもつのは、
なんどもこのブログで触れてきました。

大切な事は悪いものは排出し、良いものを取り込む
力を強くするという事。これが善玉菌の比率を上げる
こととイコールであるのです。

ただ残念ながら最近の食生活事情は、こうした善玉菌の
比率を下げるものばかりです。

欧米化した食生活など典型例です。
動物性脂質、タンパク質の摂取が増え、
食物繊維の摂取量が減る。


さらに厄介な事に
日本人は欧米人よりも大腸が長く約1.5mあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悪玉菌は、脂肪分やタンパク質のカスを栄養にして
いるので肉類中心の食生活は、日本人の長い腸の中
で悪玉菌の増殖を活性化し、有害物質を産生し便秘
の原因にもなっています。

だからこそなおさら欧米的な食生活は
日本人の胃腸にマッチしないんです。
~~~~~~~~~~~~~~

やはり魚中心の和食を食生活のベースとすべきです。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 13 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

最近のコメント
Archives

リンクブログ

お気に入り。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2018年12月
<< <     
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?