カテゴリ: NGな食べ物

2007/07/11

永続的リンク 00:30:34, カテゴリ: アトピー, NGな食べ物, OKな食べ物

腸について学んでくれ

こんにちは。GOです。



--------------------------------

本日のお題

 【腸について学んでくれ】

--------------------------------



腸は大事です。
~~~~~~

というか、腸について学んでくれ。
そうすれば勝手にアトピーは消えていくといえそうだ。

まず。

腸。

実は人間が海で命を持った時に初めてあったものが
腸なんだそうだ。

つまり、ホースみたいな形だったと。
その穴を海水がすいーっととおって人間は、
穴を通過した海水から栄養分を吸収する。

結局一緒ですな、いまと。

今も結局腸内環境が悪いとアトピーが悪化するのは目に見えている。

ロジックを説明しよう。

一言で言うと、アトピーの原因は、

牛乳、乳製品などの動物性タンパク質の取りすぎです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

根幹はこれです。

そしてその奥に隠されている、

腸内細菌のバランスと、アレルギーなどの免疫作用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のシーソーゲームがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、

腸内細菌のバランスが◎ならアレルギーも起こらない。
腸内細菌のバランスが×ならアレルギーも起こる。

なぜアトピーが子供に多いのか?

学校で牛乳を飲ませるからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私がアトピーでくるんだのは、小学校入った後からです。
半ズボンのうしろの太ももの裏が痒かった覚えがある。

腸内で牛乳を分解する時に、「異種タンパク」として吸収され、
免疫細胞がビックリするわけです。それで活性酸素が過剰に発生し、
肌を傷つける。

・・

とってはNGな食べ物。

卵・牛乳・チーズ・ヨーグルト・肉・魚。

動物性タンパク質は全て×なイメージでいいです。

この際はっきりいきましょう。

私も頑張りますので、あなたも我慢しましょう。
何も一生食べれないという事はありません。
食べる量を意識的に減らす事です。

この「魔の6つの食物」がなるべく少ない献立を選んでください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

逆に食べたらいいもの。

それは生きたもの。植物性のもの。

穀物・果物・納豆・ぬかづけ・味噌・しょうゆ

ようするに古き良き日本食という事です
~~~~~~~~~~~~~~~~~
もし動物性をとるなら、しいていうなら、魚。

それも、

刺身。

カルシウムは、小魚と海草でとる。


繰り返す。

(卵・牛乳・チーズ・ヨーグルト・肉・魚)→×

この6つは魚を除き、近年日本にはなかったものです。

そしてなぜ欧米人が腸が硬く短く、かつ体臭がきついのか?

全ては腸の働きによるもの。

腸を悪くしないように、日本食を食べる。

簡単だね。



PS

もちろん肉を全く食べていけないということはないんですよ。
ただアトピーで死ぬほど苦しい思いするのと、

肉を我慢して日本食を選ぶのと、、、

私は日本食を選ぶよ。

たまーに付き合いで食べる程度でいいよ、肉は。

そういうことです。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/06/22

永続的リンク 21:26:06, カテゴリ: NGな食べ物

Be careful of Sugar High!

本日のテーマは「白砂糖」です。 


アメリカでは、

「シュガーハイになるから甘いものを食べるのはほどほどにしなさい。」

"Stop candies,boy.you'll get sugar high"

こんな感じでしょうか?

実はこれは正しいのです。

あなたもアトピーを押さえる為には白砂糖を止めて、
黒砂糖やザラメなどの天然なものにしてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

白砂糖とはサトウキビに含まれる芳醇な栄養素(ミネラル)を
削りに削り、最後のもっとも人口的に仕上げたものが、

白砂糖です。

つまり、ただ甘いだけの物質です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「シュガーハイ」とはキレること。
つまりイライラする事。

そうです。
連想ゲームで分かった事でしょう。

白砂糖を摂取すると、カルシウムが消費されるのです。

まずは骨や歯などから流れ出します。
虫歯との関係はいうまでもないでしょう。

シュガーハイは、

白砂糖の吸収率の速さに原因があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一気に血糖値が上がり、体はインシュリンが分泌され、
体は「低血糖状態」を維持しようとします。

バランスを取ろうとするんですね。

その低血糖の状態が続くと、今度は体は自分の力で
血糖値を上げようと、アドレナリンを分泌します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そう、イライラするんです。
キレるんです。

イライラが肌に向かったとき、アトピーにどれだけ危険でしょう?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で掻いてはダメだと分かっているのに・・・。

白砂糖は止めて、黒砂糖にしましょう。

これは今すぐです。すぐ。
それだけでアトピーが治る可能性は上がります。

今日はこれまで。
日常的なところからどんどん改善していきましょう。

GO


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/05/29

永続的リンク 14:36:59, カテゴリ: NGな食べ物

ははは

2007/05/27

永続的リンク 23:13:46, カテゴリ: NGな食べ物

副腎皮質ホルモンとお湯を飲むこと

あらゆる病気にステロイド剤が使われます。
ステロイド剤は、別名を副腎皮質ホルモン剤とも言う。

副腎がホルモンを出しにくいから、それを補う薬です。

温かい水分をたくさん飲んで、自分の体のなかから
副腎皮質ホルモンが活発に出てくれば、ステロイド
剤を飲む必要がなくなってきます。

ステロイド剤は副作用が非常に強いですが、
自分の体が出したホルモンには副作用がありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本とかとても参考になります。
これ


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/05/19

永続的リンク 12:03:12, カテゴリ: NGな食べ物

アトピー苦しんだ人からアトピーに苦しむ人へ

このページはある意味私の人体実験みたいなものです。   
      ~~~~~~~~~~~~~~~
多分これで間違いない。アトピーにとって有効だと思える
もの・考え方を紹介しています。

アトピーって言うと結局からだの正常な反応なわけで。それだけ
今の現代社会がアトピーを誘発しやすい環境になっているわけ
です。

実際に私の周りでもこんな状態ですし。アトピーの状況は悪化していると言えます。

ちょうど恐竜が自分の長所である「体の大きさ」から
自分の体を保てなくなったのと同じように、

もしかしたら、
人間はその優れた免疫システムの優秀さから最終的に
自分を苦しめてしまうんではないかとさえ、
~~~~~~~~~~

最近思います。

行き過ぎた長所はもはや、長所ではなくて自分を苦し
めるものになってしまうんですね。

アトピーも免疫システムが作動しているから起こること。
それはすばらしいこと。

ただ最近の周りの空気や水や食べ物の状況が
免疫システムがどんどん働き続ける状況が増えている。
アトピーという問題はただの症状だけではなくて、
食生活全体の抱えている問題点を抉り出しているように
思えてならない。

このページではアトピーに有効な食べ物とか、過ごし方を
お伝えしていくけれど、私としては、アトピーの改善が
美肌にストレートに繋がると思うし。アトピーを自分の頭で
「こうだろ!」って改善できることは、

自分の食生活を周りの意見に安易に踊らされずに
自分にぴったりの食生活を手に入れるきっかけになると
思っています。

最近mixiのコミュニティの書き込みを見ていて、やはり
自分の頭でよしあしを判断できなければならないと
思うようになりました。

これからも極めて科学的に、免疫システムの長所を
うまく食生活まで落としこめるような内容を
書いていきます。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

:: 次のページ >>

Profile

最近のコメント
Archives

リンクブログ

お気に入り。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2017年9月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?