カテゴリ: OKな食べ物

2007/07/11

永続的リンク 00:30:34, カテゴリ: アトピー, NGな食べ物, OKな食べ物

腸について学んでくれ

こんにちは。GOです。



--------------------------------

本日のお題

 【腸について学んでくれ】

--------------------------------



腸は大事です。
~~~~~~

というか、腸について学んでくれ。
そうすれば勝手にアトピーは消えていくといえそうだ。

まず。

腸。

実は人間が海で命を持った時に初めてあったものが
腸なんだそうだ。

つまり、ホースみたいな形だったと。
その穴を海水がすいーっととおって人間は、
穴を通過した海水から栄養分を吸収する。

結局一緒ですな、いまと。

今も結局腸内環境が悪いとアトピーが悪化するのは目に見えている。

ロジックを説明しよう。

一言で言うと、アトピーの原因は、

牛乳、乳製品などの動物性タンパク質の取りすぎです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

根幹はこれです。

そしてその奥に隠されている、

腸内細菌のバランスと、アレルギーなどの免疫作用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のシーソーゲームがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、

腸内細菌のバランスが◎ならアレルギーも起こらない。
腸内細菌のバランスが×ならアレルギーも起こる。

なぜアトピーが子供に多いのか?

学校で牛乳を飲ませるからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私がアトピーでくるんだのは、小学校入った後からです。
半ズボンのうしろの太ももの裏が痒かった覚えがある。

腸内で牛乳を分解する時に、「異種タンパク」として吸収され、
免疫細胞がビックリするわけです。それで活性酸素が過剰に発生し、
肌を傷つける。

・・

とってはNGな食べ物。

卵・牛乳・チーズ・ヨーグルト・肉・魚。

動物性タンパク質は全て×なイメージでいいです。

この際はっきりいきましょう。

私も頑張りますので、あなたも我慢しましょう。
何も一生食べれないという事はありません。
食べる量を意識的に減らす事です。

この「魔の6つの食物」がなるべく少ない献立を選んでください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

逆に食べたらいいもの。

それは生きたもの。植物性のもの。

穀物・果物・納豆・ぬかづけ・味噌・しょうゆ

ようするに古き良き日本食という事です
~~~~~~~~~~~~~~~~~
もし動物性をとるなら、しいていうなら、魚。

それも、

刺身。

カルシウムは、小魚と海草でとる。


繰り返す。

(卵・牛乳・チーズ・ヨーグルト・肉・魚)→×

この6つは魚を除き、近年日本にはなかったものです。

そしてなぜ欧米人が腸が硬く短く、かつ体臭がきついのか?

全ては腸の働きによるもの。

腸を悪くしないように、日本食を食べる。

簡単だね。



PS

もちろん肉を全く食べていけないということはないんですよ。
ただアトピーで死ぬほど苦しい思いするのと、

肉を我慢して日本食を選ぶのと、、、

私は日本食を選ぶよ。

たまーに付き合いで食べる程度でいいよ、肉は。

そういうことです。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/06/03

永続的リンク 23:49:08, カテゴリ: OKな食べ物

ヨーグルトでも実は不十分である。

ここまで腸内の環境を整えるためには、
ヨーグルトがいいと書いてきたが、もっと突っ込んだ
話があって、ただのヨーグルトでは、善玉菌は増えないのだ。

申しわかない。今まで黙っていた。
実はまずはヨーグルトを食べ続ける習慣が必要なので、
わざと黙っていた。

で。

その不十分である理由が、腸にヨーグルトの乳酸菌が届かない
ということがある。つまり胃酸で死んでしまう。そして、
たとえ生きてたどり着いたとしても、腸内にもとから生息している菌と
うまく共存できず便として出てしまうということである。
~~~~~~~~~~~~~~~~

さらにあまりヨーグルトを取りすぎると
動物性タンパク質が多くなり、悪玉菌が増えてしまうのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんのこっちゃという話しになってしまう。
そして、今唯一生きて腸に届き、活躍できるのは、
植物性の乳酸菌のみなのだ。

つまり

以前ご紹介したこれ ずばり「ラブレ」
~~~~~~~~~~~~
です。

あとは

乳酸菌生成エキスですが、これはまた次回。
もっとまとめないといけない。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/05/30

永続的リンク 11:59:15, カテゴリ: OKな食べ物

朝から腸の具合が悪く腹を下しています。

私の体調はさておき、腹を下すのは、なんらかの
ことで腸がバランスを崩し、通常吸収されるべき
水分を吸収しなかったときにおこるものですから
脱水症状に注意しましょう。

(自分に言い聞かせています。)

さて腸内環境について知識の確認をしておきます。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。
そしてこの絶対値が決まっています。
例えば腸内細菌の絶対数を100とすれば、
20:80、50:50、30:70と変わっていきます。

善玉菌と悪玉菌とのバランスがいかに善を
多くするかという事が大切なわけです。
いかにして腸内の善玉菌の比率を増やすかが
ポイントですね。

腸内には最近がいるのですが、これが善玉菌。

その腸内細菌は私の健康維持に大きな意味を持ち
ます。特に腸内細菌に大きな影響を与えています。


そして私達の健康の基本は、口から食べた物ですが、
吸収される土壌がいいか悪いかによって健康状態が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
左右されます。

腸内環境がアトピーに重要な意味をもつのは、
なんどもこのブログで触れてきました。

大切な事は悪いものは排出し、良いものを取り込む
力を強くするという事。これが善玉菌の比率を上げる
こととイコールであるのです。

ただ残念ながら最近の食生活事情は、こうした善玉菌の
比率を下げるものばかりです。

欧米化した食生活など典型例です。
動物性脂質、タンパク質の摂取が増え、
食物繊維の摂取量が減る。


さらに厄介な事に
日本人は欧米人よりも大腸が長く約1.5mあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悪玉菌は、脂肪分やタンパク質のカスを栄養にして
いるので肉類中心の食生活は、日本人の長い腸の中
で悪玉菌の増殖を活性化し、有害物質を産生し便秘
の原因にもなっています。

だからこそなおさら欧米的な食生活は
日本人の胃腸にマッチしないんです。
~~~~~~~~~~~~~~

やはり魚中心の和食を食生活のベースとすべきです。


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/05/25

永続的リンク 23:57:27, カテゴリ: OKな食べ物

ビタミンとの関係の整理

さてビタミンです。

こんな記述があります。
『アトピー性皮膚炎とビチオン』思春期学,別冊vol10,No3

>>
ビタミンHを投与すると、アトピーが改善するという事実から
アトピーの人にとって、ビタミンHが必要であることがわかる。
理由についてはビタミンHは主として腸内細菌によって作られる。
腸から吸収されて体内を循環した後、尿中に排泄されるので、
これらの過程のいずれかの障害でビタミンHの欠乏が生じると、
思われる。アトピーの患者ではビタミンHを分解してしまう有
害菌が腸管内で優勢なためと推測される。
>>

ビタミンHで善玉菌を増やすものとして、
ヨーグルトとオリゴ糖がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~

オリゴ糖は

はてなより、
>>
オリゴ糖は、それぞれに特徴があるが、ほぼ共通的に次のような
生理調節と食品の品質改善の両面の働きを持っている。

・腸内有用菌の活性化(消化されずに大腸にまで達し、ビフィズス菌の栄養源になる)
・虫歯の原因になりにくい
・甘味の低減
・低カロリー
>>

オリゴ糖の中には、わたしたちの持つ消化酵素では消化されず、
大腸まで届いて腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになる。
オリゴ糖を食べるビフィズス菌は増えるので、

便秘解消に役立ってくれます。
~~~~~~~~~~



でそのオリゴ糖を大量に含むものが、

オリゴ糖の種類自然界には、色々な形のオリゴ糖があります。

・玉ねぎ、アスパラガス、ごぼう等に含まれる「フラクトオリゴ糖」。
・みそ、しょうゆ、清酒などに含まれている「イソマルトオリゴ糖」。
・最後に母乳や牛の初乳、大豆などに含まれている「ガラクトオリゴ糖」。

ビフィズス菌の大好物は「ガラクトオリゴ糖」
牛乳の中に含まれる乳糖から酵母の一種によって作られる「ガラクトオリゴ糖」は、
オリゴ糖としては唯一の動物性由来で、腸内ビフィズス菌がもっとも好む栄養です。

牛乳。
~~~




ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

2007/05/24

永続的リンク 23:24:57, カテゴリ: OKな食べ物

ビタミンC

 肌の色素を飛ばすために必要な、ビタミンC.

mixiでイモが良いらしいということで、
コメントいただいたので、調べてみると・・・。

>>
イモ類も毎日とりたい食品です。
イモ類はカリウムの宝庫。カリウムは余分なナトリウムの排せつを促し、
高血圧を予防します。ジャガイモやサツマイモはビタミンCも多く、
これらのビタミンCは加熱しても壊れにくい性質をもっているので、
ビタミンCの供給源としても貴重です。また、イモ類はボリューム
感のある割には低エネルギーで、ジャガイモやサトイモのエネルギ
ーは同量のご飯の半分程度ですから、イモ類を献立に加えると摂取
エネルギーを抑えられます 。
>>

とのこと。

このビタミンCは加熱しても壊れにくい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って言うネタは大切ですね。

女性が焼きイモが好きなのも意外と関係があるのかな?


ネットショッピングならe-shop一六社SEO対応ならおまかせ 
ホームページ制作ならおまかせ  ☆ネット広告ならおまかせ

:: 次のページ >>

Profile

最近のコメント
Archives

リンクブログ

お気に入り。

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2017年7月
<< <     
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?